青汁+マルチビタミンを飲む

青汁とサプリメントであるマルチビタミンを同時に摂取ることに効果はあるのでしょうか?

結論を先に申し上げますと、青汁とマルチビタミンの一日の摂取量を守った飲み方をすれば効果的といえます。
元々青汁にも多くの栄養素が含まれていますが、それでもビタミンが全種類含まれている訳ではありません。
それをビタミンが全種類含まれているマルチビタミンで補うことで体に必要なビタミンを一度に摂取することが出来ます。
ビタミンとは生物が生きてゆく上で必要な有機化合物の中でたんぱく質、炭水化物、脂質以外の成分のことをいいます。
全部で13種類あり、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの二つのグループに分けられています。
水溶性ビタミンはその名の通り水に溶けやすく、大量に摂取しても体に不必要な分は水分と共に体外に排出されます。
代表的な水溶性ビタミンにはビタミンCがあります。
そして脂溶性ビタミンは油に溶けやすい性質があるので油で調理した場合に吸収しやすくなるビタミンです。
こちらは体内に蓄積されるので過剰に摂取をすると体調不良に繋がる恐れがあります。
ビタミンKなどがこの脂溶性ビタミンに分類されます。
マルチビタミンを飲むと、これらのビタミンが一度に摂取出来ます。

各メーカーのマルチビタミンは一錠など少ない量で一日に必要なビタミンを摂取出来る様に作られたものが多くベースサプリメントとして人気があります。
もちろん人間に必要な栄養素はビタミンだけではありません。
たんぱく質、脂質、炭水化物も必要で、それぞれ肉体を形成するための材料やエネルギーを生み出すための材料になります。
青汁にはマルチビタミンには含まれていないSOD酵素や水溶性食物繊維に不溶性食物繊維、クロロフィルなどが含まれています。
それらの栄養素にはビタミンにはない消化吸収を助ける働きや栄養を体の隅々にまで届ける働き、腸内環境を整える整腸効果やデトックス効果があり、マルチビタミンの体への吸収率を高めてくれます。

健康な方や特に薬を常用していない方は青汁とマルチビタミンの一日の摂取量を守って飲めば過剰摂取になる心配もありませんが、ビタミンKには止血作用がありワーファリンという血を固まりにくくする薬を服用している方は、青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの作用を抑えてしまうため青汁やビタミンKが入っているサプリメントや食品をとることは控えましょう。
以上のことを守り、きちんとした食生活を送った上で青汁とマルチビタミンを飲むことは、健康をしっかりサポートしてくれる良い習慣といえるでしょう。