青汁と納豆は無敵の組み合わせ

健康効果が高く、気軽に始めることが出来るため今や全国的に人気の青汁。
そして古くから日本人の食生活に馴染みがあり、伝統的な健康食として名高い納豆。
実はこの青汁と納豆の組み合わせは健康効果を得るための無敵の組み合わせなのです。
納豆は大豆が原料で作られていますが、この大豆には豊富な植物性のたんぱく質が含まれています。

筋肉増量を目指す人の中にはプロテインではなく納豆を食べてたんぱく質を摂取する方もいるほどです。
そして青汁にはこのたんぱく質を体が吸収する際に効率的に吸収できる様な効果を発揮する成分が含まれています。
青汁に含まれる不溶性食物繊維は腸の運動を活発化して消化吸収を助けますし、水溶性食物繊維は体内の老廃物や有害ミネラルを吸着して排出してくれると共に腸内で善玉菌のエサになり腸内環境を整える効果があります。
そのため青汁の栄養素はもちろん、納豆のたんぱく質やビタミンなどの栄養素も効果的に吸収することが出来るのです。
また、青汁と納豆の栄養素はお互いの効果を妨げることがなく、ビタミンB群やカルシウムなど共通する栄養素もあります。
精製された砂糖の様に体が分解する際にビタミンB1を消費してしまうこともありません。

そして納豆は発酵食品ですので、発酵食品の特徴である消化吸収の良さもあり、青汁に含まれる不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の整腸効果でさらに効率よく納豆の栄養も吸収されることになります。

また、納豆には発酵の過程で納豆菌が沢山含まれるようになっていますが、この納豆菌は腸内で他の善玉菌を増やす作用もあるのです。
腸内の善玉菌が増えると免疫力が上がることが判明していますが、納豆菌の力と青汁の水溶性食物繊維が善玉菌のエサになり善玉菌を増やす効果が相乗効果を上げて免疫力や腸の栄養素の吸収力、体に不必要なものを排出する働きを高めてくれるのです。
ただし、脳梗塞など血管内の血液の詰まりが原因の病気の予防や治療にワーファリンという血液が固まりにくくする薬を服用している方は、青汁、納豆の摂取は控えましょう。
青汁と納豆に含まれているビタミンKという成分には止血作用があり、ワーファリンの作用を抑えてしまうからです。
その点に注意すれば、青汁と納豆の組み合わせはお互いの栄養素や効果を補い合う、無敵の組み合わせといえるでしょう。