特定保健用食品(トクホ)青汁

各メーカーより販売されている青汁には色々な種類があります。
それぞれ原料の違いや製造過程の違いで効果や味に違いがあります。
そして青汁の中には特定保健用食品(トクホ)に指定されているものもあります。
この特定保健用食品とはどの様な食品のことなのでしょうか?

日本には国によって定められた保健機能食品制度があり、国が定めた基準や規格を満たした食品はその保健機能(健康に役立つ作用)を表示出来るようになっています。
保健機能食品には栄養機能食品と特定保健用食品の二種類があります。
栄養機能食品は、特定の栄養素が含まれていて基準を満たしているため表示が可能になった食品のことです。
そして特定保健用食品は、効果効能に関する科学的な根拠を国に提出し審査を受けて効果効能の表示の許可を受けた食品のことです。
通称「トクホ」と呼ばれ、乳酸菌飲料やヨーグルト、お茶などの商品にトクホに指定されたものがあり販売されています。
そして青汁にもトクホに指定されているものがあるのですが、このトクホに指定されている青汁には「難消化性デキストリン」という成分が配合されています。
この成分はデンプン由来の水溶性食物繊維の一種で血糖値が気になる人へ適合する成分として国が認めている成分です。
元々青汁には水溶性食物繊維が含まれており、その作用で食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きもあるのですが、難消化デキストリンは配合の青汁はその効果を高めたものといえます。

また、脂肪の吸収を抑える効果もあり、脂肪が気になる方にもおすすめ出来る成分です。
さらにミネラルの吸収を促進する作用もあるので、元々青汁が持つミネラルもより吸収しやすくなる効果も期待出来ます。
これらの効果を期待する方はトクホに指定され、難消化デキストリンが配合された青汁を飲むと良いでしょう。
トクホに指定された食品には特定保健用食品のロゴが表示されていますのでそのロゴの入った青汁をお買い求めになると良いと思います。